高濃度ビタミンC点滴ってどんな効果があるの?

高濃度ビタミンC点滴ってどんな効果があるの?

高濃度ビタミンC点滴療法は、がん治療の代替治療としてアメリカなどで研究さている、がん治療法です。ビタミンCに美白・美肌などの効果があることから、美容でも使用されてしまうようになりましてしまおりました。ビタミンCは水溶性ということで、多く摂っても余剰分は尿として排出されてるのです。身体の中から若く、美しくなるアンチエイジング治療です。こう実践してビタミンC血中濃度を高めることによりまして、ビタミンCを必要とする各器官に直接行き渡らせ、経口摂取とは異なるレベルの作用、各種疾患の予防や、より高値美容・アンチエイジング効果が期待出来る。点滴により高濃度のビタミンCが短時間に全身に行き渡ることで、細胞の活性化による若返り効果を促進。ところが、直接静脈内にビタミンCを点滴で大量投与すると、経口摂取の数十倍の量が血管内に行き渡ります。ビタミンCの血漿濃度は、だいたい400mg/日で飽和すると報告されているのです。妊婦や、喫煙者、ストレスに晒されている人は、ビタミンCが失われやすくなりましてしまったのでより積極的にビタミンCを摂取する必要があげられます。つまり、ビタミンCを大量に経口摂取しても、血中濃度はある一定以上から上がりません。

page top